【無料】AlfredアプリでMacの作業効率をあげよう!

Alfredというアプリをご存知でしょうか?Macユーザーなら絶対に知っておいてほしいアプリです。理由はAlfredアプリを使うと作業効率がぐんと上がるから。作業効率が上がれば仕事でできることが増えるし、ブログ運営をしている人なら浮いた時間でネタを考えたり他の作業に時間をあてられて良いことずくめです。

そんな素敵なAlfredアプリのダウンロード方法や使い方を解説していきます。

Alfredアプリで何ができるの?

Alfredアプリでできることはパソコン内のいろんなものが検索・実行できるようになります。それだけだとMacに標準搭載されているランチャーのSpotlightというもので事足りるんですが以下の二つはAlfredでしかできません。

  • ブックマーク検索(Safariに登録しているものだけ)
  • システム操作

こういったランチャーを使い慣れていない人はあまりメリットを感じないと思いますが、実はこれってすごいことなんです。パソコン操作による業務が早い人はなるべくキーボードだけでいろんな操作ができるように意識しています。言い換えればなるべくマウスを使わなければパソコン操作が早くなるということ。

なるべくキーボードだけで操作を完結させるためのツールとしてAlfredアプリは優秀なんです。これで無料だからさらにすごい。

Alfredアプリのインストール

Alfred.appの画面

まずはAlfredアプリをダウンロードします。App.StoreでAlfredアプリをダウンロードできます。ダウンロードしたらアプリを開いてみてください。以下のような画面が出てきます。

Alfred.appの設定画面
 
うちぴー
英語ばっかで読めないじゃんよ…。

設定するところは限られているので安心してください。英語で書かれたところも設定するところを説明します。Alfredアプリを起動するとウィンドウの一番上にGeneralという文字が見えますでしょうか。そちらをクリックしてください。そうすると上のような画面になります。

この画面から設定をいくつかしていきます。

Alfredアプリの設定方法

Alfred.appの設定画面

パソコン起動時にAlfredを起動させる

最初のStartupというところにチェックボックスがあるのでそちらにチェックを入れておきましょう。そうするとパソコンを起動した時に一緒にAlfredアプリが起動するようになります。

Alfredの検索ボックス呼び出し設定

次にAlfred hotkeyというところ。これはAlfredアプリの検索ウィンドウをどうやって起動するかのショートカットボタンの設定です。どんなキーでも設定できますが他の操作とかぶるとよろしくないので、できれば二つ以上のキーを同時押しした時に起動するようにしましょう。わたしはCommand+Enterにしています。

基本の検索設定

Default Resultsの設定画面

設定画面の上の方にFeaturesとあるのでこちらをクリックします。Default Resultsとあるのでこちらの赤枠のところにチェックを入れましょう。これはどういう設定かというと、Alfredで検索した時にブックマーク・フォルダ・ドキュメントも検索対象にするという設定です。

ただし、ブックマークはSafariで設定したブックマークのみが検索対象なので注意です。Googleのブックマークが出てこないのはちょっと使いづらい点ですね。

Web検索の設定

Webサーチの設定画面

ここは個人の好みですが、Web検索で何を使って検索するかを設定します。初期設定のままで良いでしょう。

カスタムサーチの入力画面

Custom Searchesをクリックし、左下の+を押すとこのような画面が出てきます。よく検索するサイトをここに設定して、Keywordに短い単語を登録しておくと素早く検索ができるようになります。URLのところがhttp://になっていることに気をつけましょう。今は大体https://が主流なので打ち間違いに注意です。URLをコピペしてしまえば問題ないですね。

システムコマンドのショートカット

システムコマンドの設定画面

Alfredの良いところはシステム操作ができるというところです。これを最大限生かすためにはSystem Commandsというところでショートカットを少しいじっておく必要があります。初期設定は全て英語になっているので、もし英語の打ち込みに慣れていない場合はショートカットの単語を日本語に置き換えておくと良いです。

例えばゴミ箱を空にする項目はEmpty Trashですが、ここを「ゴミ箱」に変えておくと以下のような感じになります。

システムコマンド検索入力変更後の画面

「ゴミ」と検索しただけでゴミ箱を空にするのコマンドが出てきます。あとはエンターキーを押せばゴミ箱が空になるという仕組みです。よく使うのは「ゴミ箱を空にする」と「シャットダウン」だと思うのでこの辺りは自分の打ちやすいキーワードで設定しておくと良いでしょう。

まとめ

Alfredアプリ、いかがでしたでしょうか。有料版もありますがとりあえずは無料版で十分だと思います。もう一度Alfredアプリのよさをまとめます。

  • AlfredアプリはSpotlightアプリの上位互換
  • Alfred特有の機能はシステム操作とSafariのブックマーク検索
  • 英語表記ですが設定するところはごく少数、5分で設定完了する

最初のうちはAlfredアプリの存在を忘れて使わないかもしれないので意識的にAlfredアプリを使うようにしましょう。使った方が絶対パソコン操作が早くなって業務効率が向上し、浮いた時間でやれることが増えるので慣れるまで使い込むと良いです。これを機にぜひAlfredアプリを導入してみてはいかがでしょう。

【無料】AlfredアプリでMacの作業効率アップ
最新情報をチェックしよう!