ads.txtをアップロードする方法を画像つきで紹介!ブログ初心者でも簡単にできます【エックスサーバー/Mac】

「要注意・収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください」

という警告が最近出てきたので、こちらの解決方法をご紹介します。
Googleアドセンスのヘルプを見ても全然わからなかったので、同じように悩んでいる方の参考になればと思います。

これのことですね。最初見たとき何事?!ってなりました。

ads.txtをアップロードする方法

  1. ads.txtをダウンロードする
  2. レンタルサーバーにログインする
  3. サーバーのサーバー管理を開く
  4. ads.txt設定でダウンロードした情報を入力する

大まかにはこのような手順です。順を追って説明します。

ads.txtをダウンロードする

Googleアドセンスにログインします。ホーム画面の一番上に、「要注意・収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください」と出てくるので「今すぐ修正」をクリックします。

「ダウンロード」をクリックします。
Macの場合、そのままテキストファイルがダウンロードされるはずです。そのままこのファイルを使用できます。もしテキストファイルでダウンロードされない場合、このアプリが入っているか確認してみてください。

レンタルサーバーにログインする

エックスサーバーの場合で解説します。
エックスサーバーのアカウントにログインし、サーバーの「サーバー管理」というところをクリックします。

ads.txt設定でダウンロードした情報を入力する

サーバーパネルという画面に移るので、「ホームページ」という項目から「ads.txt設定」をクリックします。

ads.txt画面に移るので、「ads.txt設定追加」というところをクリックすると次のような画面に移行します。

ここで、Googleアドセンスの画面でダウンロードしたads.txtの情報を入力します。

  • 広告テキスト:google.com
  • サイト運営者ID:pub-から始まる文字列
  • 契約種別:DIRECT
  • 認証期間ID:f08c47fec0942fa0

これで全ての工程が完了しました。お疲れ様でした!

Ads.txtはどんな役割をするのか?

そもそもこれって必要なの?と思うかもしれません。結論からいうと、必要です。ではこのads.txtが一体どんな役割を持っているのかを説明します。まずはGoogleアドセンスのヘルプの説明を見ていきましょう。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。
ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

引用元:https://support.google.com/adsense/answer/7532444?hl=ja

IBA、イニシアチブ、パブリッシャー、難しい言葉が羅列してます。
文脈でなんとなくわかるかもしれませんが、要するに「ads.txtを付ければ、偽の広告が紛れ込まなくなる」ということです。偽の広告が紛れ込む仕組みはよくわかりませんが、ads.txtをくっつけておけば大丈夫なんですね。「強くおすすめします」とありますが、絶対やった方が良いです。

偽の広告が紛れ込んで、読者の方がそちらに流れて何かしらの被害(ウィルス感染など)があったら、自分のサイトの価値や信頼がなくなってしまいます。
また、自分が認知しない広告が貼り付けられていたら、せっかく自分のサイトで読者が広告をクリックしてくれても、自分の収益にならないです。健全なサイト運営のためにも絶対にやっておきましょう。

「Ads.txtに関するガイド」での用語解説

発生した問題解決はしましたが、いくつかわからない言葉があると思うので、後学のために確認していきましょう。

ルートレベルのドメインとは?

ルートドメインという言葉が類義します。ルートとは英語で「根っこ」を表す言葉で、自分のドメインの一番最初の文字列がルート部分に値します。
わたしのサイトドメインでいったら「knot-pisk.com」の「knot-pisk」の部分がルートになります。

パブリッシャーIDとは?

英語でpublisherと表記し、和訳は「出版者、発行者」という意味です。ここでいうパブリッシャーは誰かというと、サイト運営主のことを指します。サイト運営主のIDということですね。
パブリッシャーIDの確認方法は、Googleアドセンスにログインして、設定→アカウント情報、と進むと確認することができます。

以下 参考サイト

https://mataneteta.com/adsenseadstxtanswer/

https://masatoshihanai.com/upload-ads-txt/

https://support.google.com/adsense/answer/7532444?hl=ja

最新情報をチェックしよう!