Alt属性とは?SEO対策にもなる代替テキストを入力しよう

Alt属性(オルト属性)って知っていますか?代替テキストと言ったりもします。何も知らなかったわたしは、キーボードのAltキーかな、なんて思ってしまいましたが違いました(笑)。とっつきにくそうな言葉ですが、内容は非常に簡単なものでかつ、SEO対策にも関係するものでした。
知らなかった方は是非この記事で覚えていってください!

こんな人におすすめ

  • Alt属性とは何かについて知りたい
  • Alt属性(代替テキスト)の設定方法を知りたい

Alt属性とは?

Alt属性(オルト属性)とは、画像が表示できないときにテキストで表示される情報のことです。そのため、Alt属性は代替テキストと言ったりもします。

「え、画像が表示できないってどういうこと?」

と思うかもしれません。なにやらそういうことがあるらしいです。
今のご時世、技術が発展してあまりそういうシチュエーションに出会わないのでイメージしにくいですが。画像のリンクが切れていたり、画像の読み込みが遅くて表示されなかったりと、そういうときに画像が表示されないことがあります。

画像が表示できるできないかはメインの話ではなく、Alt属性というのはSEO対策にも関わることですよ、ということが重要です。SEO対策と聞くとブログを書いてる方は知らぬふりはできないですよね。

ブログを書いている人は、何かしら画像をブログに貼り付けますよね。
貼り付けた画像は、Googleのクローラーという、サイトを巡回するロボットが見ています。クローラーが記事や画像を見て、読者が検索したい内容を満たす記事を上位表示しています

クローラーが画像を見たときに「この画像はこういうことを表しているのか」と判断します。画像の判断を助けるのがAlt属性・代替テキストと呼ばれるものです。

近頃のGoogleクローラーは賢くなって、何気なく貼った画像も結構判別してくれるようなのですが、そうは言っても全てを認識できるわけではありません。クローラーの理解を助けて「このブログはこういうことを書いてますよ」というのをアピールできてSEO対策になる、Alt属性の設定は大切ということがわかります。

Alt属性、代替テキストについてはどういうものかわかったと思います。次にAlt属性、代替テキストの設定方法について説明していきます。

Alt属性の入力方法

Alt属性の入力方法についてお話していきます。
WordPressでは「代替テキスト」を設定する項目が用意されています。メディアライブラリや記事に直接画像をアップロードするときに、右側に代替テキストというものがあるのをご存知でしょうか。

わたしはプラグインGutenbergを導入しているので、画像をそのままドラッグ&ドロップするとこのような項目が画面右側に出てきます。

Alt属性代替テキストの入力画面が、Gutenbergをインストールしていると出てくる設定画面

Altテキスト(代替テキスト)という入力項目が出てきますね。ここに画像を説明するテキストを入力します。入力する内容については後述します。

そのほかの方法は、WordPressのダッシュボード→メディア→ライブラリと進むとアップロードした画像の一覧に移動します。そこでアップロードした画像を選択するとこのような画面が出てきます。

WordPressメディアライブラリの代替テキスト入力画面

代替テキストを入力する画面が出てくるので、こちらに入力して投稿します。
次にAlt属性・代替テキストには何を入力したら良いのか?という疑問です。次の項目で説明していきます。

Alt属性・代替テキストには何を入力したらいい?

最初にAlt属性・代替テキストはSEO対策になる、と言いましたが、入力する内容はまさにSEO対策を狙ったことを入力すればOKです。ただし、入力時には気をつけたいことがあります。

  • キーワードの羅列だけだとSEO効果が低い、SEO対策の逆効果となる
  • Alt属性・代替テキストはできるだけ詳細にかつ短く記入する

SEO対策と聞くと、ついついキーワード選定をイメージして、狙いたいキーワードを羅列することを想像しますが、Alt属性・代替テキストに関していえばそれはNGです。

代替テキストというぐらいですから「画像が正しく表示されなかったときに現れる説明文」ということを忘れてはいけません。何らかの理由で画像が読み込まれなかった際に、何の画像が貼ってあるのかが一目でわかるようにする文が望ましいです。
また、視力が良くない方向けにスクリーンリーダーというものがあって、その際に画像を表示する代わりに画像の説明文が読み上げられます。

説明文と言っても、長くて詳細であればいいというものでもありません。狙っているキーワードを入れれるなら入れつつ、かつ装飾語を盛り込んでわかりやすく設定します。
次の画像ならあなたはどのようなAlt属性・代替テキストの入力をしますか?

WordPressのダッシュボード項目でメディアからライブラリに進む

画像が小さすぎて説明する内容が少ないですが、わたしは「WordPressのダッシュボード項目でメディアからライブラリに進む」と入力しました。

例えばこの画像を貼り付ける記事の、狙っているキーワードが「WordPress」が入っているならこれでキーワードは入っているのでOK。説明文だけ見ても、画像が何を表しているのかがわかるので問題ない、ということがわかります(これが最適解なのかはさておき)。

ここら辺は何が正解というのもないでしょうが、間違いというのは上記した二つになります。それらを気をつけながら上手にAlt属性・代替テキストを入力しましょう。

まとめ

  • Alt属性・代替テキストはGoogleクローラーも見ているのでSEO対策になる
  • Alt属性・代替テキストはキーワードを入れつつ簡潔で詳細な説明文にする

まさか画像がSEO対策になるなんて知らなかったですが、これで少しでもあなたの記事のSEO対策の助けになれば幸いです。

画像に関して、以下の記事もSEO対策に関連することを書いているので、よかったらこちらもご覧ください。

参考サイト

https://www.google.com/intl/ja/search/howsearchworks/crawling-indexing/

https://digitalidentity.co.jp/blog/seo/lecture-alt-attribution.html

https://www.asobou.co.jp/blog/web/alt

https://associate777.com/blog/news/archives/28

Alt属性・代替テキストの説明
最新情報をチェックしよう!