コーヒー好きですか?ならばシロカのコーヒーメーカーでしょう。

コーヒー好きですか?わたしは好きです。毎日2〜3杯はコーヒーを飲まないと気が済まない人です。在宅ワークが増えているこのご時世、会社では缶コーヒーなどを飲んでいる方は、家でもコーヒー飲みたくなりますよね。

「コーヒーメーカー買おうかなー」「どれが良いかなー」

なんて思っている方にぜひおすすめしたいものがあります。シロカの全自動コーヒーメーカー。実際に購入して使っているので使用感が伝わりやすいかなと。どんなところがおすすめなのか、厳しい視点で余すことなく紹介します。

わたしは元スタバ店員なので、ある程度コーヒーにこだわりがあるので、そういった視点でもお話ができるでしょう。これを読んだらきっとシロカの全自動コーヒーメーカーが欲しくなりますよ!

シロカとは?

そもそもシロカってなに?という疑問から。会社の信頼性って大事ですもんね。シロカとはキッチン家電メーカーで、今回紹介する全自動コーヒーメーカーの他に、全自動土鍋炊飯器やトースターなど、キッチン家電を主に販売する会社。

主力商品である「かまどさん電気」という炊飯器は、2018年GOOD DESIGN AWARDベスト100を受賞するくらい、家電のデザインがシンプルでおしゃれ。

そう!デザインがいい会社!

もちろん機能も◎、お値段もリーズナブル。そんな会社が作った全自動コーヒーメーカーがおすすめなんですよ、ホント。※わたしはシロカの社員ではありません。

シロカのホームページ

全自動コーヒーメーカー シロカの見た目や大きさ

全自動コーヒーメーカー シロカの本体をみてみましょう。

全自動コーヒーメーカー シロカの正面図

この銀色と黒のシンプルな色味が良いですね。どんなインテリアにも馴染む、主張しすぎないデザイン。デザイン性に自信を持っている会社だけあって、納得のデザインです。

本体の大きさはこれくらい。

全自動コーヒーメーカー シロカの大きさ目安
 
ぴすく
なぜファ○リーズを横に置いたし(笑)
せっかくのデザインが台無し!

大きさの目安になるものがファブ○ーズしかなくて…。大体大きさは把握できましたかね?けっこう小さいです。コーヒーメーカーというとどっしりしたイメージですが、これは小さめですね。このサイズでミル機能がついているからすごい。

※ミル=コーヒー豆を砕いて粉状にする機能

付属のパーツもみていきましょう。

全自動コーヒーメーカー シロカの付属パーツ

コーヒーサーバー、コーヒー豆(粉)をいれる部分、ふた、スプーンがあります。目安にライターを横に置いてみました。どれも割とコンパクトな印象です。大体これで2〜3杯分の大きさです。大きさや見た目がわかったところで、次に機能や特徴をみていきましょう。

全自動コーヒーメーカー シロカの機能や特徴

かんたんに特徴をまとめます。

  • フィルターレス
  • ワンボタンで全自動抽出
  • お手入れが楽
  • 本体の大きさがコンパクト
  • 豆・粉のどちらでもコーヒーを淹れられる

フィルターレス

コーヒーを豆や粉から淹れようとなると、コーヒーフィルターが必要です。ですが全自動コーヒーメーカー シロカはフィルターレス、フィルターがいらないんです。

「あ!フィルター書い忘れた!」

大丈夫、シロカのコーヒーメーカーはフィルターレスなので、そんな心配は不要です(キリッ)。フィルターって高くはないですけど、たとえ10円未満でも使うためにコストがかからない方が良いですよね。

ワンボタンで全自動抽出

どのコーヒーメーカーでも当たり前ではありますが、コーヒー豆か粉かでメモリを合わせて、あとはボタンを押すだけでコーヒーが抽出できます。大体5〜6分で抽出が完了するので、朝の一杯を飲みたい時には、起きた時にポチッとすればすぐ飲めます。

お手入れが楽

先ほどもお見せしましたが、パーツをとって洗うだけです。

コーヒー豆・粉をいれるところと本体の蓋はもう少し分解できますが、これらを洗うだけでOKです。コーヒーサーバーはガラス製なので取り扱いには注意。

本体の大きさがコンパクト

本体の大きさがコンパクトです。大きさ比較でお見せしましたが、横幅はファブリーズの横幅の2個弱。正確な寸法は、幅17.3×奥行22×高さ27cm。

キッチンって家によって大きさが違うので、キッチン家電の大きさって重要なんですよね。あまり場所を取らない上に、見た目がおしゃれなので、なんだったらインテリアの一つとしても活躍してくれそうです。

豆・粉どちらでもコーヒーを淹れられる

シロカのコーヒーメーカーは、コーヒー豆からコーヒーを抽出するタイプのものです。ガチの本物コーヒーを飲みたい方は、コーヒーメーカーを選びますよね。

コーヒー豆ときくと高いイメージがありますが、実は一杯あたり30円弱くらいで飲むことができます。缶コーヒー買うよりずっと安いです。シロカの全自動コーヒーメーカーの良いところは、コーヒー豆をそのまま買っても使えるし、お店で挽いてもらった粉でも飲めるところです。

コーヒーは酸化して味が落ちるのが早いので、できればコーヒー豆を買ってきて、飲む時に挽いて飲む方がおすすめです。

全自動コーヒーメーカー シロカのメリット・デメリット

ここまで散々シロカの全自動コーヒーメーカーを褒めちぎってきましたが、デメリットもあります。メリット・デメリットを合わせてみてみましょう。

デメリット

  • 給水口が小さい
  • 給水タンクが洗えない
  • フィルターがメッシュなので、紙フィルターと味が違う
  • ミルでコーヒー豆を挽く時すこしうるさい

個人的には給水口が非常に小さいのが不満です。慎重に注がないとジャバーっとしてしまいます。コーヒーサーバーにお水を入れて給水タンクに注ぐんですが、いつも緊張の一瞬が…。

給水タンクが取り出せないので、洗うことができません。わたしは気にならないですが、気になる方にはデメリットかなと思います。一応クエン酸洗浄が説明書に書いてあるので、その方法で洗浄はできます。

もし給水タンクを洗えるタイプがご希望でしたら、給水タンクを取り出せるタイプもあるのでご参考ください。

フィルターレスですが、フィルターがメッシュなので、紙フィルターと若干味が違います。味覚が鋭くコーヒーの味にこだわりがある方は、もしかしたら違和感を感じるかもしれません。

ミルでコーヒー豆を挽く時の音は、すこしうるさいかなと思います。挽く時間は10秒くらいですが、騒音が気になる環境ならばコーヒー豆を挽いてもらうようにすると良いでしょう。

メリット

たくさんメリットはお話しましたが、改めてまとめてみますね。

  • コスパが良い
  • お手入れが楽
  • ワンボタンで抽出可能
  • 本体が小さい
  • デザインが良い
  • フィルターレス
  • 豆・粉どちらでも淹れられる

まとめ

コーヒーメーカー、どれが良いか迷っている方。コスパ・機能性の両方を考慮すると、やっぱりシロカの全自動コーヒーメーカーが良いです。色々あって迷うところですが、わたしも購入する時に色々調べて条件を洗っていきました。

いろんなニーズの網羅性があるのはやはりこのコーヒーメーカーです。買って実際に使ってみても、不満に思うところがほぼないので、いい買い物をしたなと感じています。

迷っている方は、ぜひシロカの全自動コーヒーメーカーを試してみてください!

 
ぴすく
コーヒーの香ばしい香りと味わいを
ぜひコーヒーメーカーで堪能しましょう!
コーヒーは好きですか?ならばシロカのコーヒーメーカーでしょう。
最新情報をチェックしよう!