【今日の献立】小松菜と厚揚げ豆腐のしぐれ煮風

主夫です、ぴすくです。

今日は小松菜が安かったので、小松菜メインのお料理を。

小松菜といえばおひたしがメジャーですが、メインをはれる主菜を作ります。

 

小松菜と厚揚げ豆腐のしぐれ煮風のレシピ

材料

  • 小松菜 1/2袋
  • 厚揚げ豆腐 1パック
  • 牛肉 200g
  • 醤油 適量
  • ごま油 少々(サラダ油でも可)
  • 砂糖 小さじ3
  • みりん 少々
  • 料理酒 少々
  • 生姜チューブ 適量
  • 塩 少々
  • だしの素 少々

 

手順

  1. 小松菜を半分に切る
  2. 小松菜を下茹でする
  3. ごま油を敷いたフライパンで牛肉を炒める
  4. すぐに小松菜をどーん
  5. 厚揚げ豆腐は一口大に切ってどーん
  6. 豆腐を崩さないように優しく混ぜる
  7. 生姜チューブを多めに入れる、3にゅるりぐらい
  8. 砂糖、料理酒、みりんを入れる、結構ひたひたになるくらい
  9. 少し煮立ったら醤油をふた回しくらい入れる
  10. 塩を軽く入れてまぜる
  11. 5分くらい煮立たせたら完成!

 

牛肉は多少火が通ってなくても大丈夫!というのを母から小さい頃聞いたことがあります。たしかにすき焼きのときなど、イイお肉なら多少赤くても大丈夫でしたね。

 

牛肉は他の肉と違って火の通りがめちゃくちゃ早いので、ほぼ生の状態から小松菜を投入します。

 

もはやこれくらいでいきます。ほぼ生w

けれど大丈夫です、煮込んでいるうちに火が通りますし、火が通りきる前に味付けをしないと染み込まないので、これくらいで全然だいじょうぶです。

 

小松菜を下茹でした理由もここにあって、牛肉との火の通る時間を調整するためにしました。小松菜の火が通るのを待っていると、肉に火が入りすぎてカッチカチになってしまうので。

 

お味は、正直いってすき焼きかなにかの感じです。しぐれ煮の味ではあります。

 

生姜チューブを入れましたがあまり生姜の味がしなかったので、できるなら生のしょうがのほうがいいでしょう。しぐれ煮風、だからといって生姜を針状に切らなくても大丈夫です。すりおろして投入すればOKです。

 

これまですっかり紹介を忘れていましたが、我が家では砂糖は「三温糖」を使っています。茶色い砂糖ですね。普通の砂糖はどうも料理にはなじまないというか。三温糖は味が柔らかく、おかず料理にはおすすめです。

 

ちょっとだけ高いですが、調味料をケチっては全然いい料理を作れないので、材料は安くても調味料は奮発したほうがよいです。

 

(おまけレシピ)小松菜と油揚げの炒めもの

こちらは画像ありませんが、簡単につくれるので箸休めの副菜としてご参考ください。

材料

  • 小松菜 1/2袋
  • 油揚げ 一袋
  • 醤油 一回し
  • 砂糖 小さじ2
  • みりん 一回し
  • だしの素 少々
  • 白ごま 少々

 

手順

  1. 下茹でした小松菜を油で炒める
  2. 油揚げは1cm幅で切ってどーん
  3. 砂糖、みりんをどーん
  4. 少し馴染んだら醤油を一回し
  5. だしの素を入れて混ぜる
  6. 最後に白ごまを入れて完成!

 

こちらは和風の醤油ベース、甘じょっぱい味です。あくまで箸休めなので、味付けは少し薄めにしています。

 

鷹の爪を輪切りにしていれて、ピリ辛にしても美味しいですね。

 

小松菜といえば「醤油ベース」ですが、他にもイイ味付けを見つけたらご紹介しますのでお楽しみに。

最新情報をチェックしよう!