サブドメインとは?設定方法・メリット・デメリットについて

サブドメインってなんでしょう。サブドメインとは何か、使い方や設定方法、メリット・デメリットまでしっかり解説していきます。サブって名前がつくぐらいなのでなんとなく予想はついていると思いますが、ざっくりいうと独自ドメインのおまけ。おまけだけど一人前のドメインです。

詳しくは本文で解説していきますのでぜひ読み進めていってください。

サブドメインとは

サブドメインとは、取得した独自ドメインから作ることのできるドメインのことをいいます。例えばわたしのサイトは「knot-pisk.com」というドメインですが、これをサブドメインにしようとしたら「〇〇○.knot-pisk.com」という風に元あるドメインの前に何か文字列を追加したものをサブドメインと言います。

サブドメインは最初の独自ドメインから派生していますが一つのドメインとして使うことができ、サブドメインでもうひとつ新たにWebサイトを作ることができるのです。一つで二度美味しいみたいでお得感がありますね。なんだかお得に感じるかもしれませんがデメリットも存在します、後述しますね。

サブドメインはサーバーにアクセスすれば簡単に誰でも取得することができます。

サブディレクトリとは?

サブドメインの親戚のようなものにサブディレクトリというものがあります。これは独自ドメインのカテゴリー分けのようなものです。くくりとしては下層ページの扱いで、先ほどの例でいうと「knot-pisk.com」のサブディレクトリは「knot-pisk.com/○〇〇」になります。スラッシュで区切った後に文字列を続けたものがサブディレクトリということですね。

扱いが下層ページなのでSEO評価は独自ドメインに依存します。もちろんそれ単体で一つのドメインという扱いにはなりません。

サブドメインってどんな時に使うの?

話を戻して、サブドメインとは一体どんな時に使うのでしょうか。以下をみてください。

  • 元あるサイトから何かの分野に特化したサイトを作りたい時
  • 一つのドメインで複数のサイトを運営したい時

基本的には独自ドメインを新たに取得しないで別のサイトを作りたい時にサブドメインというものは使います。個人なら、運営しているサイトが充実してきて別のサイトを持ちたくなった時に。企業ならメインのサイトから何かに派生して特化した内容のサイトを作りたい時に使うことが多いです。

サブドメインのメリット・デメリット

ここまでで「ただもう一つドメインが増えるだけかー」という印象しかないと思いますが、メリット・デメリットをみていきましょう。

まずメリットについては以下の通り。

  • メインの独自ドメインとは別のドメインという扱いになる(一個別のドメインが増えるイメージ)
  • 独自ドメインを新たに取得せずサイトを作れるのでコスト削減になる。
  • 元の独自ドメインのSEO評価を引き継げる

元の独自ドメインのSEO評価を引き継げるというのはありがたいことですね。独自ドメインはGoogleクローラーに認知・評価されるまで長い時間と労力を要するのでその手間が省けるのはありがたい。

デメリットは以下の通り。

  • 元のドメインのSEO評価が引き継がれるので、いい評価も悪い評価も引き継がれる
  • サブドメインを作ったあとは別々にSEO評価されるので、それぞれちゃんと運営していかないと育たない

メリットにも書きましたがSEO評価は元のドメインのものをそのまま引き継ぐので悪い評価も引き継がれてしまいます。ちゃんと元のドメインを育てていたらメリットに転じる内容です。

また、サブドメインとして自立したあとは別のドメイン扱いになるので、作ったサイトを更新してドメインパワーを付けなければなりません。純粋にサイト運営するものが二つになるので手間が増えますね。片方のサイト運営を丸々別の人に任せちゃうのも手かもしれません。

サブドメインの設定方法【エックスサーバー】

エックスサーバーで説明しますが、大体どのレンタルサーバーでもやることは同じだと思うので参考にしてください。先に手順を説明します。

  1. レンタルサーバーにログイン
  2. サーバーパネルのページへ
  3. サブドメイン設定
  4. 元になる独自ドメインを選択
  5. サブドメインを決める

こんな感じです。画像でも説明していきます。

サブドメイン設定1

まずはサーバーにログインしたらサーバーの項目からサーバー管理を選びます。

サブドメイン設定2

ズラーっと色々並んでますが、ドメインの項目でサブドメイン設定というところがあるのでクリック。

サブドメイン設定3

次にドメイン選択画面。SEO評価がいいものを選ぶとSEO評価がそのまま引き継げます。

サブドメイン設定4

あとはサブドメイン名を決めて完了です。下の方に「無料独自SSLを利用する」とありますが、セキュリティ上SSL利用できるならしておいた方が良いです。というかSSL認証していないURLを最近ほぼみないですね。

※SSL認証→URLの最初がhttps://〜と、sがついているやつ。もしくは南京錠のマークがついているならSSL認証されているということ。

少し話がそれましたが、これでサブドメインの取得は完了です。あとはサブドメインを使って新しいサイトを運営していくだけ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。サブドメインってよく目にするワードですが、まさか独自ドメインからもう一個ドメインを作ったものだなんて。なにせ無料ってのがお得感あっていいですよね。

設定の方法も簡単なので上記を参考にやってみてください。新しくサイトを立ち上げようとしている方、新しく独自ドメインを取得するのもありですが、サブドメインもぜひ検討してみてください。

サブドメインとは?設定方法・メリット・デメリットを解説
最新情報をチェックしよう!