大手アパレル企業からWeb制作中小企業へ30歳で転職した話【体験談】

30歳でWeb業界へ未経験転職ができる?結論、わたしはWebディレクターになれました。この記事はわたしがWeb制作会社に転職するまでの体験談。転職経験としては割とイレギュラーな部類になるかと思いますが、だれかの参考なればと思って書き残したいと思います。

前職は国内最大手アパレル企業での勤務

まず前職の話について。実名は出せませんが、日本の誰しもが一度は利用したことがあるであろう日本最大手のアパレル企業です。一昔前まではブラック企業と呼ばれていましたが、つい最近まで就業していたわたしから言わせてもらうと、相当変わりましたし、ブラックとはかけ離れた内情になっています。

ブラック企業と呼ばれていた時代はあまり知らないですが、名残のようなものは数年前までありました。理不尽に怒られたり、それはないだろーと思われるシフトだったり、時間外労働をしないと仕事が回らなかったり。それでもここ数年はブラック要素に対する監視の目や上司の温度感はかなり敏感になっていて、会社として変わろうとしているんだな、というのが肌で感じられました。

ただ、唯一嫌だったのが給料。同じ県内で仕事内容はほぼ変わらないにも関わらず、数万円も月給が違うのです。これは萎えました。この会社に勤め始めたときは県内でも割と都心に位置する店舗に勤務していましたが、中間管理職になって手取りが大体20万円前後。残業は月30時間以内には収まるようにはなっていました。

それがあるきっかけで同じ県内で都心から数駅離れたところに異動になり、郊外なので残業時間はだいたい10時間前後。それで月給はいくらになったと思いますか?

手取り15万円前後です。

交通費がなくなったことを計算に入れてもだいぶ違います(家の近所になったので交通費が消えました)。前述した通り、残業は減ってプライベートでの時間は増えましたが、自由な時間が増えても使えるお金がないなら意味はないですよね(だからずっと家でゲームしてました笑)。

転職を決意したきっかけは、将来性

転職、将来性、スキルで稼ぐ

ここまでの話だと転職したのが突飛な話ですが、さすがにゲームばかりやっていると考え事をする時間もできます。

「40、50歳になったとき、自分はこのままこの会社でやっていけるのだろうか」と。

そのアパレル企業では中間管理職で店長の次くらいの地位にはなりました。あと一歩のところまでの職階にはなりましたが、そのあと一歩に魅力を感じなかったのです。店長になって、その後はまた更に上の階級があって、一体どこまで登っていったら心穏やかに、お金の心配も日々しなくて済むようになるのかと。

当然、店長の一歩手前くらいまでいくと、店長の苦悩や実際の給料がいくらかとか、嫌でも情報が入ってきます。もちろん「本気で店長目指さないか?」と言われる階級だったので考えもしましたが、そんなリアルな話を聞いていたら当然やる気にはならないですよね。

同業者、特に小売業に勤める方ならわかると思いますが、小売業は結構な階級までいっても給料はそんなによくありません(会社によるかもしれませんが)。一昔前のバブル期のような年功序列制度を求めてるわけではありませんが、今後この給料が退職まで続くことを考えたらゾッとしたわけです。将来、心穏やかに暮らせて、そこそこ自分で給料の伸び代を感じられるためには、このままこの大手アパレル企業にいるのは危険だ、と感じて転職を決意しました。

転職してよかったか?

転職、未経験

なぜWeb制作会社に転職したかはあとに話します。結論、転職してよかったです。なにがよかったか、以下にかんたんにまとめます。

  • 残業がゼロになった
  • 月々の給料が少しだけ上がった
  • 新しく覚えることばかりだけど毎日にハリが出た
  • 心穏やかに過ごせている

まず残業がゼロになったこと。これは本当に良かったと思います。よっぽど急ぎの案件でない限りは残業は基本禁止されているのが今の会社です。というのも「残業しないでプライベートの時間を確保して、心身を休めたり自己研鑽の時間に最大限使ってほしい」というのが今の会社の方針なのです。やはりWeb関係の会社なせいなのか?進んだ考えをもっているな、と素直に感心しました。日本人はどうも残業が正義だと思っているフシがあるので笑。

残業がゼロになったからといって給料が下がったかというと、実は前職のアパレル会社と大差なかったです。ここに関しては、自由に使えるお金が増えるわけではないですが、残業ゼロなので日々の自己研鑽で給料アップの可能性を見いだせるので良しとしました。

ガチガチの小売業から全く畑違いのWeb業界に転職したので、毎日新しいことや知らないことばかりに出くわしもどかしい思いをすることは多いです。それは言い換えれば新鮮で、まるで新卒の会社員になったかのようなワクワク感があります。新卒と違うことといえば、仕事のメリハリの付け方や学習能力の向上があるので、より効率よく日々の業務を遂行しながら研鑽をしていけています。

なによりも、心穏やかに過ごせているのが転職した一番のメリットです。前職は心穏やかではなかったのかと言われれば、そのとおりとしか言えません。給料の振り幅が大きいことがことの発端ですが、理不尽なお客様の対応や上司や部下との板挟み、なにかあれば責任はすべて自分に回ってくる、これで心穏やかに暮らせる人がいるなら見てみたいです。現職は転職して間もないのでまだ苦しい部分を体験できていないだけかもしれませんが、明らかに気持ちの余裕が変わっています。

繰り返しですが、本当に転職してよかったです。

なぜWeb制作会社を選んだのか

Web業界、転職

ではなぜWeb業界に転職をしたのかというお話。実は最初、わたしはWebライターとして独立しようと考えていました。わたしのライティングの師匠がブログやWebコンサルで個人事業主として生計を立てており、仕事の自由さやプラベートの充実さに憧れたのがきっかけです。ですが、Webライティングはブログを書くことでコツコツ目指していましたが、かんたんにいうと努力が足りずに先が見えなかったのです。

どうせ転職するなら興味のあることでやっていきたい、けど何に興味があるのかがわからない、という非常にチャランポランでふわふわした考えで、ただ漠然と転職したい、という目標のもと転職活動をしていました。

ブログを書いてはいましたが抜群にライティングの技術があるわけではなかった上に自分で仕事を取りにいったわけでもないのでWebライターとしての道はありませんでした。ただ、ブログを始める段階でちょこっとコーディングのことにも触れていて興味はありました。が、当然興味があるだけでは転職など無理で、本気でWeb業界に転職をする人ならスクールに通って昼夜を問わず勉強をした人しかWeb関係の会社には転職できません。それでも、将来性や自分の興味を考えると、Web関係の会社しか考えられなかったのです。

転職するために準備したこと

転職、準備

結論から言うと、わたしはほぼ準備せず転職をしました。こればっかりはやる気と運としか言いようがありません。

Web業界に転職しようと思ったらまず思いつくのがコーディングやプログラミング。HTMLとかCSSとかJavascriptとか、なんだか響きがいいじゃないですか笑。スクールに通うお金はなかったので、独学でやるしかありませんでした。とりあえずProgateで基礎を勉強して、本も数冊購入し、さてこれでサイトの一個くらいちゃちゃっと作って転職しちゃおうかな。そんな甘々な考えで数ヶ月が過ぎました。わたしが今の会社に転職が成功できたのは16社目。他15社はことごとく落ちました、しかも書類選考で。

今だからわかることですが、未経験からWeb業界に転職しようと思ったら結構覚悟を決めて昼夜を問わず勉強をする日々を、少なくとも数ヶ月続けることが必要です。資格が取れるならいくつか取ったほうがいいですし、資格だけでは書類選考で落とされるのでプラスアルファとしてポートフォリオ、自分の作品はたくさん持っていることが必須です。それも半端なものではだめで、たかだか書物を数冊読んだりして見本通りに作ったものなんぞザラにいるので差別化にはならず、書類選考でお祈りを食らうのが目に見えています。ではどんなものが必要なのか。今となってはわたしもそういった未経験転職の希望者を審査する側の人間になったので、採用基準を以下に上げたいと思います。わたしはWeb制作会社に勤めているので、Web制作会社に転職するなら、という観点でお話をします。

  • ランサーズ、クラウドワークスでの案件受注の実績多数
  • かっこよくて多方面のデザインのポートフォリオ
  • Web関連のいくつかの資格
  • 自己研鑽を日々惜しまない覚悟と日々の積み重ね

やはりローカル環境での仮想作品だとどうしても説得力に欠けます。いくつか案件を経験していないと、どうしても案件の費用感を知っているかどうかや、工数がどれくらいだとか、体験しているかどうかで天地の差があります。大小問わず多方面で数十件案件の実績がほしいところですね。ここでいう多方面というのは、部分的なコーディングやサイト一個つくるくらいのコーディング、バナーの作成、デザインの制作などです。

ポートフォリオですが、これはできればいろんな方面のデザインができると望ましいです。仮想でもいいので数種類のWebサイトの制作実績(TOPページから下層ページまで)がほしいですしバナーに関してもyahooや楽天の実績にしてもいくつかのデザインの幅は必要です。

Web関連の資格については、実はあまり重視していません。というのも、資格を持っていたからといって素晴らしいデザインやコーディングができるという指標にはなりませんし、勉強する努力はしているんだなーくらいにしか感じません。たまに資格はたくさん並べているけどポートフォリオがしょっぱい人がいますが、非常にもったいないです。資格を勉強する努力ができるなら、そこから自分でデザインやコーディングを勉強して一から作りだすこともできるはずなので、資格だけで満足しないようにしてください。

転職、準備

最後に自己研鑽を惜しまぬ覚悟と日々の積み重ねについてですが、就職したらそれで終わり、みたいな方は正直魅力を感じません。Web業界は特にそうですがデザインや新しいツールなど、新しいことが日々増えていくのでそれらを日常的に学習する前向きな姿勢が必要ですし、就職後も続けられる意思や覚悟があるかどうかはかなり重要です。就職したらその環境におんぶに抱っこのスタンスを取る人は会社にとってお荷物以外の何者でもないのです。

冒頭に「わたしはなにも準備していない」とお伝えしましたが、半分本当で半分ウソです。というのも、わたしが前職でアパレル企業に勤めていたときはその多くの期間が管理職で、どうしたら部下が成長するのか、売上利益はどうしたらより良くなるのか、費用対効果はどうだとか、とにかく経営者としての考え方や経営のノウハウを学ぶようにしていました。それに加え「とにかくやってみる、そしてやるからには成果を出す」という前向きなスタンスが認められ、伸び代を期待されて就職を果たしたというわけです。上記に挙げた内容は当然重要ですが、現職での働き方や積み上げてきたものもかなり重要視されることを、わたしの身を持って証明した形になります

転職を果たした今、次にやっていきたいこと

30歳という、Web業界では割と絶望的な年齢での未経験転職を果たしたわたしですが、現在はWebディレクターとしてサイト制作に携わっています。前述した通り、わたしはサイト制作を自分でやったことがないので制作の進め方やクライアントからの情報収集など、全てが手探りで行っている日々です。

今の会社にずっといるかと言われたらそれはわかりませんが、今後の目標は「自分ひとりでもサイト制作を一気通貫でできるようになる」ということです。わたしはデザインもできませんしコーディングもほぼできないので、Webデザインとコーディングを一人前にできるように日々精進したいと思っています。また、最近ではWebコンサルティングにも興味が出てきて、やることが多くて悲鳴が出ますが、充実した日々を送っており、それは今後も続くことでしょう。

繰り返しになりますが、転職してよかったと思います。ただ、転職前にもっと準備や努力をしておけばよかったと後悔もあります。わたしは30歳でも転職ができて、それは運要素が大きいかもしれませんが、それでも遅すぎるということはないのです。諦めないで進む先を探し続ける人にだけ、道は開けていきます。本記事がこれから転職を考えている人の一助になれば幸いです。

Web制作企業、30歳、転職、体験談
最新情報をチェックしよう!