WordPressテーマTHE THOR(ザ・トール)のタグ管理とは?初心者の方にもわかりやすく解説

WordPressテーマTHE THOR(ザ・トール)の機能の一つであるタグ管理、これってなんのことでしょうか。この有料テーマを購入して間もない方はすぐ気になったはず。

とりあえずとても便利なものというのが今回の調べでわかったので、まだWordPressの操作に慣れてない方にもわかるように、詳しく説明していきます。

こんな人におすすめ↓

  • WordPressテーマTHE THOR(ザ・トール)を購入して間もない
  • WordPressテーマTHE THOR(ザ・トール)のタグ管理を知りたい、使ってみたい
  • WordPressテーマTHE THOR(ザ・トール)をカスタマイズしたい
  • アフィリエイト広告を手軽に貼り付けたい、クリック数など管理したい

WordPressテーマTHE THOR(ザ・トール)のタグ管理とは?

普段ブログを書いている中でカテゴリーの次にタグをいくつか設定しますが、記事を分類するタグとは全く別のものを指します。
ザ・トールのダッシュボードにあるタグ管理とは、アフィリエイト広告を短い文字列(タグ)で表示できる機能のことです。

普段広告を貼り付けようと思ったら、アフィリエイトサイトからコードをコピーして記事内に貼り付けて公開、という手順ですが、このタグ機能を使えばその手間が大幅に削減できます。登録したタグの文字列を入力するだけで、記事に広告を表示することができる優れた機能なのです。

ブログを書き慣れていない時や副業で十分な時間が取れない方は、執筆する時間や下調べの時間になるべく多くの時間を使いたいですよね。そうなったとき、広告を貼り付けるというたった一つの動作ですが、これでもちょっとした時短になるので是非とも使いこないしたいところです。

前置きが長くなりましたが、早速タグ管理の使い方をみていきましょう!

タグ管理の使い方①タグの準備

まずはタグ管理の画面を開きましょう。ダッシュボード→タグ管理→新規追加と進みます。

こんな感じの画面になったと思います。最初にこの画面を開いたときに、既にショートコードというものが割り振られています。中身の設定が終わったら、このショートコードを記事に貼り付ければ、設定した広告が表示される、という仕組みです。

わたしも試しに作ってみたので、まずは完成したものをみてください。

これは例なので写真です。

こんな感じに出来上がりました。普通に広告を貼り付けた状態とは一味違いますよね。これをタグ管理の画面で作っていきます。

まずは次の画面をみてください。操作する箇所は5つです。

①〜④までしかないじゃん!と思いましたね?!タグ管理の画面で⑤があります。順番に説明しますね。

完成図の最初のところに書いてある「表示速度抜群!〜」の文が、タイトルに該当するところです。ブログ記事と同じですが、短く、一番伝えたい単語を盛り込んでキャッチーな表現が良いと思います。

タイトルの入力が終わったら下の方にスクロールしてください。「タグ管理オリジナルフォーマット」というところがあるので必要なところを入力していきます。

おすすめ度のところは困る項目だと思いますが、例えばAmazonアフィリエイトでしたら、Amazonのレビューの星をそのまま付ければ良いですし、そうでなければ自分が思うように付けたら良いでしょう。

バナー広告は、A8.netなどのサイトから自分が契約している広告バナーをコピペしたらOKです。

バナー横テキストもちょっと困るところですが、貼り付けた広告の内容を説明したら良いです。いくら売りたいからと言って、過度の高評価はよくないですし、「こちらをクリック」とかも当然NGです。
わたしが作ったザ・トールの広告タグは、ザ・トールの公式サイトに記載されている内容から言葉じりを変えて書き出しています。
バナーの横に文章を入れるんですが、文字数は大体24文字くらいで改行されます。実際に作ってみて微調整し、みやすい状態にしましょう。

表示スタイルは「利用する(全項目表示)」にしてもらったら大丈夫です。

これで完成です!お疲れ様でした。

他の項目についても簡単に説明します。
タグ管理オリジナルフォーマットの下部にある二つの項目について。

詳細ページボタンというものがありますが、これは自分のブログで詳細説明の投稿を作って、そこに飛べるようリンクを貼ることができるという機能です。シェアボタンのようにボタン配置をできるので、ボタンのテキスト入力も可能です。

AFページボタンは、紹介した商品の公式ページへのURLを貼り付けてリンクを貼ることができます。同じくボタンのテキストは自由にできるので「公式ページはこちら」みたいな文で良いでしょう。

これら2つは設定しなければ表示されないので、不必要であれば何もしなくてOKです。
「独自項目名:見出し〜」に関しても何もしなければ表示されません。一応何か入力するとどうなるのかみてみましたが、使う機会はないかな…。

こんな感じ。「見出し1」などを変えたら使い道はありそう?

タグ管理の使い方②タグの貼り付け方法

タグ管理でタグを作ったら、投稿記事にそのタグを入れます。
何を貼り付けたら良いかというと、タグ管理→タグ管理一覧と進み、「ショートコード」というものがあるので、それを文章の中にコピペしたら完了です。

画像の右側に書いてあるショートコードを、カッコつきでそのまま記事内に入力すると、作った広告が表示されます。
このままだといちいち一覧画面にいかなければならないので、メモ機能か何かにコピペしておけば、より簡単にショートコードの貼り付け作業ができます

ちなみにこのショートコードは記事内でなくても貼り付けることができ、トップページのサイドカラムなどにも貼り付けが可能です。

サイドカラムやヘッダーなどに貼り付ける時は、まずウィジェットを作り、ショートコードを入力。外観→カスタマイズ→ウィジェットと進んで作ったウィジェットを貼り付けることができます。

タグ管理の使い方③タグ情報の見方

タグ管理のメリットの一つで、タグ管理一覧で、総合閲覧数、平均閲覧数、総合クリック数、平均クリック数、CTRがわかります
※CTR=Click Through Rateの略。「クリック数÷ページの表示回数」で算出されるパーセンテージのこと。

この情報は各アフィリエイトサイトからもわかるのですが、ログインしてそれぞれのサイトで確認しなくても、WordPressの管理画面一つでわかってしまうので、手間が省けて非常に便利です。記事自体の閲覧数などとは別物なので、そう言った違いも分析材料として役立ちそうです。

また、自分のサイトでどの広告がよく見られているのかが一目でわかるので、どの分野、ジャンルの記事を多くしたらいいかの参考がしやすいです。よく見られている広告を載せた記事の構成や言い回し、書き方が読者にマッチングしてるので、分析してより良い記事を書くことにも役立ちますね。

タグ管理のメリット・デメリット

ここまでで「簡単、便利」と言った内容をお話しましたが、改めてメリット・デメリットを考えてみましょう。

タグ管理のメリット

  • 少ない文字数や手間で、簡単に広告を貼り付けられる
  • 広告に一手間加えて見栄えがよくなるので、クリック率が上がるかも
  • タグの中身を変えるだけで、ショートコードを貼った広告が全て置き換わる
  • プラグインを使わなくて良いのでサイトが重くなりにくい

最初にお話した通り、アフィリエイトサイトから広告コードを持ってこなくて良いので、手間がだいぶ省けます。もちろん取り扱う広告が多ければ話は変わってくるのですが、そこまで多くの広告をまだ持っていないならとても重宝しそうです。

広告バナーを貼り付けるだけでなく装飾のようなものができるので、見栄えがとても良くなります。それによってクリック率が上がるかは、配置場所やコンテンツの是非にもよってくるので一概に上がるとは言えませんが、可能性はありそうですね。

タグ管理の最大のメリットと言っても過言ではないかと思いますが、広告コードを一個ずつ置き換えなくて良いところです。違う広告を貼り付けたい、と思ったら、タグ管理から広告内容を変えるだけで、ショートコードを置いたところが全部更新されるので、物凄い手間が省けます。

よく、プラグインを入れすぎるとサイトが重くなる、という話を聞きます。こういう広告を装飾するプラグインがあるみたいなんですが、プラグインを入れなくて良いのはTHE THOR(ザ・トール)の良いところですね。

タグ管理のデメリット

  • 広告表示のデザインを変える手間がある(周りの枠を消したりしたい場合)
  • おすすめ度の部分を入力しないと[ ]だけが残る
  • タイトルやバナー横の文章を考えるのが手間になる

散々褒めちぎってきましたが、もちろんデメリットもあります。人によってはデメリットと感じないかもしれませんが紹介しておきます。

お気づきかもしれませんが、タグ管理で貼り付けた広告の周りにグレーの枠があるのがお分かりでしょうか。こちらが邪魔だと思う方もいらっしゃるようで、これを消すためにはCSSコードを別途入力しなければならないので、この点はデメリットになりうるところです。
(グレー枠を消したり太さを変えたり、背景色を変えられるようなので、別記事で後日紹介します。)

いつかアップデートされて消えるかもしれませんが、おすすめ度のところの、スターの数や評価値を入れないとカッコだけが残ってしまいます。すごく不格好なので入れざるを得ないですが、不必要と思っている方にはデメリットになりうるでしょう。

文章やタイトルを考えることが少し手間かもしれません。

普通の記事と違って好きなだけモリモリ書いたら広告としてボリュームがありすぎるので、短く、そしてダイレクトに情報を伝えなくてはならないので、文章力が必要そうです。

この辺りは難しく考えず、慣れてくればできるようになるので、少しずつ試行錯誤してみましょう。あまりここに時間をかけたらせっかくタグ管理で浮いた時間無くなってしまうので。

まとめ

  • ザ・トールのタグ管理は広告貼り付けを手軽にするための機能
  • まとめて広告貼り替えをできるので楽
  • そのままだとタグ管理の広告デザインに融通が利かないので一部手間はかかる

トータルすれば、非常に使い勝手の良い機能だな、という感想です。わたしはまだ本格運用してないので、これを機に使い始めようかなと思います。

もしまだ使っていなかったら、ぜひあなたも使ってみてはどうでしょう。

WordPressテーマTHE THOR(ザ・トール)の関連記事もご覧ください。

カスタマイズ前にすること

おすすめカスタマイズについて

ヘッダー/テーマカラー/見出し/リストのデザイン設定について

SEO設定について

表示速度抜群!WordPress有料テーマTHE THOR(ザ・トール)
4

サイトの表示速度が早くSEO対策になる!
9種類の着せ替え機能があり、デザインの幅広さが特徴のザ・トール。

ブログの個性を出したい、本格的にブログ運営をしたい方におすすめのWordPress有料テーマです。

以下 参考サイト

https://tabi-z.com/the-thor-tagranking

https://katsu-note.com/the-thor-tagkoukoku/

https://kiwametai.com/thethor-tag-management/

最新情報をチェックしよう!