WordPress有料テーマ「the THOR(ザ・トール)」カスタマイズの前にするべきこと

WordPressのテーマ、あなたは何を使っていますか?

わたしは先日、WordPress有料テーマ「the THOR」を購入しました。この有料テーマ、どうやら色々な利点があるらしく、特長の一つとしてカスタマイズ性に優れているそうです。わたしも早速カスタマイズしてみよう…と思ったのですが。

あなたもそう思ってますか?

ちょっと待って!!!!

カスタマイズする前にやっておくべきことがあります。そちらを紹介しますのでぜひご参考ください。

こんな人におすすめ↓

  • WordPressテーマ「the THOR(ザ・トール)」を購入して間もない
  • 既にテーマの有効化は済んでおり、これからテーマのカスタマイズをしようとしている
  • WordPressテーマ「the THOR(ザ・トール)」を購入しようか気になっている

最初のやるべきことが終わっている方は、最初におすすめのカスタマイズについてもまとめているのでこちらもご覧ください。

https://knot-pisk.com/wordpress-theme-the-thor-customize/

WordPressテーマ「the THOR(ザ・トール)」カスタマイズ前にするべきこと

更新用IDの発行依頼

まずは「更新用ID」というものを発行してもらいます。テーマを購入後、ダウンロードをすると利用規約や注意点が記載されたテキストが同封されているのですが、そちらに方法が書いています。

(わたしは読んでなかったので、自分で調べてわからずに問い合わせてしまいました。)

以下にURLを貼っておきますが、ID発行依頼は、自分で行う必要があり、勝手にメールが届いたりはしません
ID発行用フォーマット:https://fit-theme.com/the-thor/account/

更新用IDを発行しないとバージョンアップデートができなくなりますので、いち早くやってしまいましょう。

更新用IDの発行依頼が済んだら、このようなメールが届きます。

購入時のマニュアルにも書いていますが、更新用IDの発行が済んだら以下の手順でIDの貼り付けをします。

ダッシュボードの「外観」→「カスタマイズ」

「基本設定[THE]」を選択します。

一番下に、「ユーザーID設定」とあるのでこちらをクリックします。

こちらの空欄に、届いたメールに記載された、更新用IDを入力します。

繰り返しますが、更新用IDのメールは勝手には届きません。自分で発行依頼しないとメールは届かないのでご注意ください。

着せ替えテーマを先にインストールする(任意)

the THORの魅力の一つでもある、一つのテーマで複数の着せ替えができます。ベースの機能はそのままに、まるでテーマを丸ごと変更できるかのような使用感です。

なぜこれをカスタマイズ前(コードを入れたりする前)にするべきかというと、テーマの着せ替えを行うとカスタマイズした内容が全てリセットされてしまうからです。せっかく自分好みに調整が終わったのに、着せ替えをするとなくなってしまうので、まずは着せ替えをしてから、細かい調整をするようにしましょう。

※注意!

着せ替え自体はそこまで時間はかかりませんが、最初に設定することがたくさんあります。こだわったらキリがないですが、最低でも1時間ほど調整の時間が取れない場合は、着せ替えはせずにブログの更新を優先した方が良いと思います。

© COPYRIGHT (C) FIT ALL RIGHTS RESERVED.

全部で9種類あり、デモサイトで実際の画面をプレビューすることができます。

着せ替えテーマダウンロード:https://fit-theme.com/the-thor/demo/

着せ替えテーマのダウンロード・アップロード方法

デモサイトでzip.ファイルをダウンロードできます。解凍されるとこのようなファイルが現れます。後ろのところに「.dat」と表示されているものです。

これをテーマにアップロードするのですが、その前にWordPressの方で準備が入ります。プラグインの「Customizer Export/Import」というものを準備します。有効化するところまで済ませてください。

次に「外観」→「カスタマイズ」→「基本設定[THE]」と進んでいくと、一番下の方に「エクスポート/インポート」という項目が追加されています。

こちらに、先ほどダウンロードした着せ替えのファイルをインポートします。これでテーマの着せ替えは完了です!

WordPress有料テーマ「the THOR(ザ・トール)」の特徴

  • サイトの表示速度が早い
  • カスタマイズの選択肢が多い、自由度が高い
  • SEO対策に強い内部構造

サイトの表示速度は、それそのものがSEO対策へとつながります。「the THOR」の公式サイトでもこのテーマの特徴が紹介されているのと同時に、他の個人サイトをみても同じようなことが書いてあるので、間違いないでしょう。

国内最高水準の高速表示を実現

ページの読み込み・表示速度は、Googleが検索順位を決定付ける指標の一つとされており、サイトの高速表示化は重要なSEO対策のひとつです。
ザ・トールは、「AMP・PWA」「Gzip圧縮・ブラウザキャッシュ」「画像遅延読み込み・CSSファイル非同期読み込み」など、高速表示を実現する最新かつ革新的な技術を多数装備。
その驚異的な表示速度の速さは国内最高水準。Googleのスピードチェックツール「PageSpeed Insights」で90点以上のハイスコアが当たり前というレベルです。

引用元:https://fit-theme.com/the-thor/

カスタマイズ性も非常に優れており、正直、何から手をつけていいかわからないくらいの量です(褒め言葉)。無料テーマでずっとやっていて、少しずつ欲が出てきて「あーしたい、こーしたい」と考えているものが、難しいコード入力をせずともできてしまうので、わたしのようなPC苦手勢には本当にありがたいです。

SEO対策に適した内部構造云々というのは、わたしの理解をはるかに超えています(つまりよくわかってない笑)。ブログを始めた最初の頃は、SEO対策がうまく行かずに、検索上位表示されずに挫けそうになりますよね。それが有料のテーマを買うだけで少しでも改善されるのであれば、先行投資と思って買ってしまってもいいのでは?と思います。

抜群に上位表示されやすい WP テーマ 【ザ・トール】

まとめ

  • カスタマイズする前に「更新用ID」の発行依頼と設定をしよう
  • カスタマイズする前に、着せ替えテーマのインポートはしてしまおう

いかがでしたでしょうか。「the THOR」のカスタマイズ前にやることはできそうでしょうか。とても面白いテーマでやりたいことがありすぎてワクワクしますが、グッと堪えて基本のところはしっかり抑えましょう。

WordPressテーマTHE THOR(ザ・トール)関連の他の記事も合わせてご覧ください。

おすすめカスタマイズについて

ヘッダー/テーマカラー/見出し/リストのデザイン設定について

タグ管理機能について

SEO設定について

以下 参考サイト

https://soramanabrog.com/thor/kisekae/

https://appslia.com/thethor-howtouse/

https://thor-manual.fit-theme.com/

https://thor-navi.site/the-thor-review/

最新情報をチェックしよう!